坐骨神経痛

  • 長時間歩けない
  • お尻から足が痺れる
  • お尻から足に痛みが出る
  • スネ、足先まで痛み、痺れが出る

 

坐骨神経痛とは

腰から足にかけて伸びている太い神経「坐骨神経」が様々な原因によって圧迫・刺激される事であらわれます。痛みや痺れるような症状のことをさします。
腰椎椎間板ヘルニア、腰部脊柱管狭窄症とも腰椎に起こる異常によって神経根が圧迫され下半身に痛みや痺れを引き起こします。
梨状筋というお尻の筋肉が何らかの影響で筋緊張を起こし坐骨神経を圧迫させ、痛みや痺れが誘発されます。これを「梨状筋症候群」と言います

 

坐骨神経痛

 

当院の坐骨神経痛への施術

まず、坐骨神経がどういった原因で圧迫を受けているか検査を通し明確にします。
その後、筋肉が原因の場合、マッサージ。変形・姿勢が原因の場合、骨格矯正を行い改善させていきます。

 

坐骨神経痛を放っておくと

足の麻痺が起こり日常生活に支障をきたします。
スリッパが脱げやすい、つまずきやすいなどの症状が起こります。

 

ページの上部へ戻る