脊柱管狭窄症

  • 長時間歩けない
  • 歩いていると腰に痛み出る、痺れが出る
  • しばらく歩いて痛み出る、しばらく休む、前屈みになると症状が軽減する(間欠性跛行)
  • 立っていると腰に痛みが出る、痺れる

 

脊柱管狭窄症の原因

主に、加齢や不良姿勢に伴い腰椎、椎間板に変性が起ることが原因に挙げられます。その他にも、肉体労働で同じ場所に負荷が加わり変性していくことが挙げられます。
変性した腰椎、椎間板により神経の通り道(トンネル)を狭くさせます。それによって神経が圧迫を受け症状が出現します。

 

脊柱管狭窄症

 

当院の脊柱管狭窄症への施術

変性した状態は改善しませんが、前屈みだと症状が出ないとはいえ、その体勢を続けていると変性は悪化し症状は悪化します。その為、神経を通りやすくする、変性を悪化させないここ目的に骨格矯正を行います。
神経症状が強い方には特殊電気治療(ハイボルテージ)を行い軽減に努めます。

 

脊柱管狭窄症を放置しておくと、根本改善

先ほど話したように、姿勢によって同じところに負荷が加わり椎間板、腰椎に変性が起こり症状は悪化します。
日常生活に支障が出る場合、手術の適応になることがあります。

 

ページの上部へ戻る