自律神経

  • めまい、耳鳴り、頭痛が出る
  • いつも疲れている
  • 胃腸の調子が良くない(嘔吐、下痢、便秘)
  • 安静にしていても動悸、息切れ、胸が苦しい
  • いつも落ち着かない、ふるえる、イライラすることがある
  • ストレスが体調に影響する

 

自律神経とは

自律神経は内臓や血管の働きをコントロールする神経で、血圧、心拍数を上げたりする交感神経と、その反対の働きをする副交感神経があります。 交感神経は昼間などの活動的な時、副交感神経は夜間などの安静時に活発になります。

 

自律神経失調症とは

はっきりとした身体に病気がないのに、精神的な影響で、自律神経症状が身体に出現する状態です。
例えばストレスが続いたりすると全身倦怠感、めまい、頭痛、動悸(どうき)、血圧の上下、下痢、不安感、緊張、イライラ、発汗、ふるえ、肩こり、吐き気、食欲不振、不眠といった様々な症状があり、数え切れないほどあります。
ただこれらの症状にはうつ病やパニック障害などの可能性もあります。

 

当院の自律神経失調症の施術

まず一番大切なことはストレスの軽減や、夜更かしなどの生活習慣の改善です。そして当院では鍼灸施術、骨格矯正をおこないます。鍼灸では東洋医学的に身体の中から自己治癒力を引き出し恒常性(環境が変化しても身体の状態を一定に保とうとする生体的働き)を高める事にフォーカスして施術を行います。骨格矯正では身体のゆがみ(特に頭部と骨盤)を整えることで身体の恒常性を高める事ができます。

 

当院に来院される患者様には既に心療内科などにかかられている方も多く、すでにお薬や漢方などを服用されている方もいらっしゃいます。あわせても問題はありません。
大事なことは現在の症状とあった施術ができているのかが重要だと思います。お薬には副作用もあり常にお医者さんに現在の状態に合わせて処方していただきます。それは西洋医学では何かを止めたり、増やしたりとして確かに効果は強いのですが副作用あります。鍼灸や骨格矯正の強みは副作用が少なく根本にアプローチできることだと思います。

 

ページの上部へ戻る