四十肩、五十肩

  • 上のものを取ろうとすると方に痛みが出る
  • 腕が上がらない
  • 夜間痛(夜にズキズキする)
  • 髪が結べない
  • ベルトを通すことができない
  • 背中に手が回せない
  • コートを着るときなど着替える時に痛みが出る

 

四十肩、五十肩の原因

四十肩、五十肩

五十肩とは、「肩関節周囲炎」と言われます。または「凍結肩」と言います。
中高年代くらいから日常生活動作の中で肩に痛みを感じます。
筋肉、腱の柔軟性の低下、筋力低下、関節包(関節の袋)の柔軟性の低下などが挙げられます。

 

当院の四十肩、五十肩への施術

柔軟性の低下した筋肉、腱、関節包を手技で元の状態に戻します。
筋力低下した筋肉はチューブのトレーニングをします。
不良姿勢原因に挙げられます、猫背により本来の肩の動きができず周囲の筋肉などに負荷が加わり柔軟性が低下します。そういった方には、猫背矯正、骨盤矯正をお勧めします。

 

四十肩、五十肩をそのままにしておくと

拘縮肩になり肩が動かない、机の上のものが取れないなど症状は悪化する上に治療期間が一年、二年くらいの期間になることもあります。
似た症状として、石灰沈着炎、憲法下滑液包炎、上腕二頭筋炎などあります。しっかり検査をして鑑別していきます。

 

ページの上部へ戻る