胸郭出口症候群

  • 上肢、手がしびれる
  • 手の脱力感、冷たくなる
  • 上肢、手のむくみ
  • 握力低下
  • 首、肩、肩甲骨の周りの痛みやコリ
  • 猫背

 

胸郭出口症候群とは

腕を上げたりする動作で上肢にしびれや肩、腕、肩甲骨周囲に痛みが生じます。
また握力低下や細かい動作がしにくいなどの症状もあります。
病態としては上肢の付け根や肩甲骨の運動や感覚を支配している神経(腕神経叢)と腕の動脈(鎖骨下動脈)を絞扼されたり圧迫されることによっておこる病態をいいます。
詳しくはそれぞれ絞扼される場所により斜角筋症候群、肋鎖症候群、小胸筋症候群などとよばれますが総称して胸郭出口症候群(TOS)といいます

 

当院での胸郭出口症候群の施術

まずどの場所が絞扼しているかを調べ絞扼ポイントを解放し症状を取り除くアプローチしていきます。
肩甲骨の位置異常に伴う神経症状、前胸部の柔軟性および僧帽筋中部、下部繊維の機能改善がポイントとなることが多い。
また大切なことは何故その場所が絞扼してしまったかが分からないと再発を繰り返してしまいます。
日常生活での姿勢がとても重要になっており当院では患者様の姿勢の癖に合わせて猫背矯正。骨盤矯正、トータルボディメイクを提案させて頂きます。それによってその時の症状だけでなく根本からアプローチできることによって再発防止を目指しております。

 

なりやすい人の特徴

  • 肩こりがある方
  • なで肩、猫背の方
  • 長時間のデスクワーク
  • 受話器などを首に挟むことが多い
  • 重い物を持ち運ぶ

 

ページの上部へ戻る