椎間板ヘルニア

  • 痛み(腰、お尻、太もも、ふくらはぎ)
  • 痺れ(お尻、太もも、ふくらはぎ)
  • 力が入りづらい
  • 感覚が鈍くなる
  • 排尿、排便障害
  • 坐骨神経痛

 

椎間板ヘルニアの原因

椎間板ヘルニアとは

椎間板ヘルニア

まず、ヘルニアとは背骨の間にある「椎間板(クッション)」の中に存在する髄核というジェル状の組織が、外に飛び出してしまった状態の事を言います。
そして飛び出したものが、神経根を圧迫して腰痛や痺れを起こします。これを「椎間板ヘルニア」と言います。ひどい場合には感覚がなくなったり、足を動かせなくなってしまうこともあります。

 

椎間板ヘルニアになぜなるのか?

椎間板ヘルニア

主な原因は、椎間板への強い圧迫力です。
椎間板は、髄核と呼ばれる柔らかい組織とそれを覆う繊維輪と呼ばれる硬い組織でできています。
椎間板に大きな負担がかかると繊維輪が破綻し、そこから柔らかい髄核が突出していきます。(シュークリームやお饅頭を食べた時に中身のクリームや餡子が出てくるような現象です)
椎間板に大きな負担がかかる要因として、本来人間の背骨はS字になおり、腰の部分は前に反っています。不良姿勢や長時間の庭仕事、長時間座っている体勢などで後ろに反り椎間板の前面に強い圧力が加わり後ろに髄核が突出し起ることが多いです。

 

当院の椎間板ヘルニアへの施術

  • 飛び出してしまった髄核は、白血球のひとつマクロファージがそれを異物とみなし食べて無くしてしまいます。その為、筋肉をマッサージなどで緩め血行を促す事で治癒力を促します。
  • 原因である不良姿勢などで綺麗なS字が破綻していますので、猫背矯正、骨格矯正を行い椎間板にかかるストレスを解放します
  • 痺れ、痛みが強い場合は、特殊電気治療(ハイボルテージ)で痛みを緩和、治癒を促します。
  • 鍼灸などで、患部の血流を促し治癒促進も期待できます

 

椎間板ヘルニアへの施術

 

椎間板ヘルニアの根本改善、治療の必要性

椎間板にかかるストレスを無くしてあげなければ、再発や痛みが悪化する恐れがあります。
その為、原因である骨格矯正は根本治療に大きく関係していきます。
そして、姿勢をキープする為インナーマッスルのトレーニングは必要になります。
そのままにしておくと、感覚が鈍くなったり、膝や足に力が入らなくなってしまったりする麻痺と言われる症状が出現することもあります。あとは、膀胱直腸障害といって尿や便が出にくくなったり、逆に頻尿、失禁が見られることもあります。

 

ページの上部へ戻る