腰の治療で足も治療する理由

施術スタッフの青柳です。

 

腰の治療時に下肢(足)の治療も一緒に行うことがあります。

これは腰の筋肉が下肢の筋肉と連結されており

下肢の筋肉の緊張を改善すると

腰の筋肉の緊張が改善されることがある為です。

 

これは一つの例ではありますが

DC31F31A-1D04-4F0E-BCBA-A79656D06A9F

腰の筋肉は脊柱(背骨)に沿って頚部まで繋がっており

下肢の方へは、骨盤の靭帯を経由して

大腿部(太もも)の筋肉へ繋がります。

 

この大腿部の筋肉が硬くなってしまっていることが多く

腰痛との関連が強い為、併せて治療を行います。

 

 

もちろん、腰痛の全てがこのタイプとは限りません。

ですが、一つの参考としてご家庭でのセルフケアで試してみる価値はあります。

ぜひお試しください!

 

 

ひばりヶ丘駅で骨盤矯正、産後矯正、腰痛、頭痛、外反母趾、交通事故による治療なら、ひばりヶ丘にっこり鍼灸整骨院にお任せ下さい。