春の体調不良にご注意!

こんにちは!治療スタッフの青柳です。

 

ゴールデンウィークも終わってしまいましたね!皆さんはいかがお過ごしでしたか?

この4月春から環境や生活リズムが変わった方は多いのではないでしょうか。やっと慣れてきたとという方も多いはずです。それに伴い体調を崩したという方もいらっしゃると思います。今回はそんな春の季節での体調不良をテーマにお話します。

 

体調不良になる原因も様々…。

例えば、①不眠春うつ冷えストレス 

などが挙げられます。

 

①不眠は春になって日の出が早まった事で脳の覚醒も早まったり、環境変化で起床時間が早まり不眠になったりします。また考え事が多くなりなかなか寝つけられない事も原因になります。そんな時はアイマスクを使って視界を暗くさせると副交換神経が優位に働き、眠りやすくなります。また冬場より早寝を心がけるのも大切です。

 

②春うつは「春特有のうつ病」で生活リズムの変化や人間関係の変化で緊張や不安が続くと交感神経が活発になり過ぎたりします。そうすると自律神経のバランスが乱れてうつ病の症状が出たりします。対策として日光を浴びたり、適度に運動したり、物事を難しく考えずに楽観的に物事を捉えたりすると良いでしょう。

 

③冷えは急激な温度差で自律神経の調節が間に合わず、身体が冷えてしまう事がこの時期に多いです。暖かくなったからといって薄着になり過ぎないように気をつける事や下半身を温めて血行を促進させると冷え対策になります。

 

④ストレスはこの時期、環境変化で敏感に感じやすい季節です。4月は新しいスタートで張り切って頑張るものの、5月の連休明け頃は気持ちがドーンと沈んでしまう「5月病」は有名ですね。ストレスを溜めないように人に相談したり、自分の為の好きな時間を作ったりして上手く発散出来ると良いですね。

 

これらを聞くと嫌な季節に聞こえてしまいますが、春は過ごしやすく気持ち良い季節。

もし体調が優れない方で上記に当てはまりそうな方は是非お試し下さい!

 

ひばりヶ丘駅で骨盤矯正、腰痛、頭痛、外反母趾、交通事故による治療なら、ひばりヶ丘にっこり鍼灸整骨院にお任せ下さい。