干渉波治療とは?

こんにちは!

施術スタッフの青柳です。

 

9月になりました。まだまだ暑い日が続いていますが、徐々に秋へと変わっていくのを期待したいですね。

台風が多い時期でもあります。来週火曜日から水曜にかけて台風が接近するようです。。。

通勤・通学の際はお気をつけて下さいね!

 

 

さて、通常の保険診療でマッサージによる手技治療と電気治療が行われていますが、皆さんは電気治療の目的等をご存知ですか?

 

835EA8D1-9376-44F3-A7BC-0EC6713B50DD

 

当院で行なっている電気治療は正確に言うと干渉波治療と言います。

 

干渉波治療とは

2つの導子(体に直接付ける電極)から異なる周波数の低周波電流を流し、体内で交差(干渉)させ、患部にその周波数の差に相当する低い干渉電流を発生させて、その刺激を利用する治療法です。

筋肉を収縮、拡張させ、そのポンピング作用により筋肉をほぐし、血流を促進させて、痛み物質の除去を図ります。

干渉波を受けた感覚は電気のビリビリした感じではなく、もまれているような感覚です。

 

 

当院では、手技治療と干渉波治療による物療。さらに状態に合わせて自費による早期改善治療メニューを組み合わせて施術してます。

治療に関するご質問等はいつでもお受け致しますので、お気軽にお問い合わせ下さい!

 

 

ひばりヶ丘駅で骨盤矯正、産後矯正、腰痛、頭痛、外反母趾、交通事故による治療なら、ひばりヶ丘にっこり鍼灸整骨院にお任せ下さい。