この夏、冷房病にはなりませんでしたか?

こんにちは!施術スタッフ青柳です。

 

 

だいぶ暑さが和らぎましたが、この夏は本当に暑い日が続きました…。

まだ暑い日が続くのかと思うと気が滅入っちゃいますね(><)

 

 

この夏、冷房が大活躍したと思いますが、皆さんは冷房病になりませんでしたか?

 

 

冷房病とは厳密に言うと病気ではありません。

冷房が強く効いたエリアに長時間いた後、外気温にさらされることを繰り返したときに起こる体調不良といわれています。

 

 

冷房病のメカニズムは、人間の体温調節をつかさどる自律神経は、5℃以上の急激な気温変化に対処できないため、それが繰り返されると、体温を下げる交感神経と体温を上げる副交感神経のバランスに異常をきたし、自律神経失調症類似の症状となります。

 

 

症状は身体の冷え、むくみ、疲労感、肩コリ、腰痛、頭痛、神経痛、便秘、下痢、食欲不振、不眠、月経不順など様々です。

 

 

対策として

自律神経を整えるよう規則正しい生活を心掛けること。

冷房を弱くして外気温との差が激しくならないようにする。

軽めの運動で汗をかいて、体温調節機能を高めておく。

といった事が大切になります。

 

 

まだ暑い日が続きますので、冷房病には十分に気をつけましょう!

 

 

ひばりヶ丘駅で骨盤矯正、産後矯正、腰痛、頭痛、外反母趾、交通事故による治療なら、ひばりヶ丘にっこり鍼灸整骨院にお任せ下さい。