竹内の歩行について第2弾( ̄∇ ̄)

こんにちは!!スタッフの竹内です!

季節の変わり目で涼しくなってきましたが体調は崩されていませんか?

今回は、足が前に出ない進まない!!と言う状態について書きたいと思います(^-^)v

 

 よく耳にするのが

足が重たい

足が前に出ない

腰が丸くなって歩いている

というような声です

これにはいくつか原因がありますo(^-^)o

 

〜意識の問題〜

ご老人の方は転んじゃいけないと思っている為、どおしても足元を見て歩く習慣がついています。

足元を見て歩くと前かがみの状態になります。その姿勢だと足が上がらない為、進みにくかったり、足が前に出ないなど歩くのが困難に感じます!!

 

 

〜骨の変形や持病の問題〜

脊柱管狭窄症など骨の変形パーキンソン病などのお体の問題により先ほどの状態になります。

 

 

〜筋肉の問題〜

歩くのに踏み出した足の筋肉の低下お尻の筋肉の低下で自身の体重を支えきれず転倒したり、歩幅を大きくできず小股歩きになってしまい普通に歩く事が困難です。

 

 

・転ばないように歩く・痛い場所をかばって歩く・筋肉の低下、日常生活で普段何気なくしていることが原因になっていたりします。

このような原因を一つずつ取り除いていく事が歩きやすさに繋がります( ̄^ ̄)ゞ

 

 

 

〜補足〜

・転ばないように下を向いて歩くと前が見えていない為とっさに人が来た時に避けられず転倒したりする為かえって危険です!!気おつけましょうねo(^-^)o

 

・前かがみの姿勢だと背中の筋肉が常に張った状態で疲労しやすくなり腰痛の原因にもなります!!きおつけて下さいΣ( ̄。 ̄ノ)ノ

 

 

 腰痛、足が前に出ない、歩きにくい、転びやすいなどお困りな方是非にっこり鍼灸整骨院にお越しください!