腰の痛みと足の痺れ

治療スタッフの青柳です。

 

腰の痛みと足の痺れを訴えて来院されて来た50代の男性。

 

その原因は骨盤(仙腸関節)の歪みと臀部から足にかけての筋肉の緊張によるものでした。

おそらく生活習慣で骨盤が歪み、アンバランスから筋肉の緊張にも影響が出たものかと思われます。腰から足にかけては坐骨神経という大きな神経が通っていて歪みや筋緊張で神経を圧迫、痛みや痺れを出す事があります。

 

この患者さんにはまず当院で行っているJKC治療で骨盤の歪みを修正し、その後マッサージによる手技干渉波による電気治療で筋肉の緊張を緩めるように行いました。JKC治療は合計で3回行い、当初骨盤を動かすと引っ掛かって痛みがありましたがそれも解消し、筋緊張もマッサージで少しずつ改善されて足の痺れも落ち着き、無事に完治する事が出来ました。

 

腰の痛みや足の痺れは様々な原因で起こります。骨盤の歪みによるものも多く、マッサージで筋肉を緩めてもらっても改善しない場合は歪みが原因かもしれません。

そんな時はぜひ一度当院にご相談下さい。

 

ひばりヶ丘駅で骨盤矯正、腰痛、頭痛、外反母趾、交通事故による治療なら、ひばりヶ丘にっこり鍼灸整骨院にお任せ下さい。