乾燥する季節がやってきました。

寒さも厳しくなってくるこの季節。皆様風邪などひかれてはいませんか??

乾燥していると鼻や喉がイガイガしてきてしまいますよね。

人の身体にとって乾燥は大敵なのです!!

乾燥状態が身体に及ぼす影響として、口や鼻が乾く・喉が乾く・皮膚が乾燥するなどの症状を呈します。

東洋医学的観点から言うと肺はとても乾燥に弱く、津液を犯しやすいとあります。

津液とは体表と体内を流れているものであり、体温調節や骨・髄・皮膚・粘膜などに潤いを与える役割を担っているので、津液が犯されてしまうと体内の水分調節がうまくいかず、肺の機能が落ちてしまう原因になってしまうのです。

鼻と喉は潤いがとても必要な部分で肺が乾燥してしまい機能が落ちてしまうと、細菌が体内に簡単に入ってきてしまうことになってしまうのです。

では乾燥をどうやって防げばよいのでしょうか?

室内では加湿器がとても有効です。加湿器がない場合はぬれたタオルを一枚部屋につるしておくだけでも乾燥を防げますので、ぜひ試してみて下さい!!

乾燥に負けず、潤いのある生活を目指しましょう!!!

 

腰痛、肩こり、骨盤矯正、外反母趾、交通事故なら、ひばりヶ丘にっこり鍼灸整骨院にご相談下さい。